Google の Pagespeedapi を使って Web サイトのスクリーンショットを取る方法

Yahoo! Japan のスクリーンショット

当方で配布している Luxeritas Theme のブログカードでは、

「Web サイト内に適切な画像類が見つからなかったら、サイトのスクリーンショットを表示する」

という仕様にしてあるのだが、

そのスクリーンショットは、Google の Pagespeedapi という API を使って取得している。

スクリーンショットを取得できる API としては

等の方が有名かもしれない。

が、上記の API だとスクリーンショットが作成されるまでが、ちょっと遅い上に、PHP だと画像の保存等ができなかったので(直接表示させることはできるけど)、Google の API を使うことにした。

しかも、Google の API だと、デスクトップのスクリーンショットとモバイルのスクリーンショットを別々に取得することも可能。

ちなみに、この API は スクリーンショットを取ることを目的とした API ではないw
PageSpeed Insights で使われてる API で、リファレンスによれば、

指定されたURLのページ上でPageSpeed分析を実行し、PageSpeedスコア、そのページをより速くするための提案のリスト、およびその他の情報を返します。

と書かれている。

が、

パラメータに screenshot を指定すれば、スクリーンショットも取れる。
(ただし、幅 320ピクセルのショットしか取れないけど)

スポンサーリンク

スクリーンショットを取る方法

Yahoo! Japan のトップページのスクリーンショットを取るなら、以下のように


https://www.googleapis.com/pagespeedonline/v2/runPagespeed?screenshot=true&strategy=desktop&url=http://www.yahoo.co.jp/
screenshot true を指定するとスクリーンショットを取得
strategy 取得する情報の種類
desktopmobile を指定
url 情報を取得したいページの URL

としてアクセスすると、以下のように Pagespeed のスコアやページのサイズ等の情報が JSON 形式で取得できる。

{
 "kind": "pagespeedonline#result",
 "id": "http://www.yahoo.co.jp/",
 "responseCode": 200,
 "title": "Yahoo! JAPAN",
 "ruleGroups": {
  "SPEED": {
   "score": 76
  }
 },
 "pageStats": {
  "numberResources": 51,
  "numberHosts": 15,
  "totalRequestBytes": "6161",
  "numberStaticResources": 37,
  "htmlResponseBytes": "199102",
  "cssResponseBytes": "7673",
  "imageResponseBytes": "103110",
  "javascriptResponseBytes": "483836",
  "otherResponseBytes": "1680",
  "numberJsResources": 12,
  "numberCssResources": 1
 },
・・・(省略)・・・

で、一番最後にスクリーンショットの Base64 形式のデータが入っている。

・・・(省略)・・・
 "screenshot": {
  "mime_type": "image/jpeg",
  "data": "_9j_4AAQSkZJRgABAQAAAQABAAD_(省略)",
  "width": 320,
  "height": 240,
  "page_rect": {
   "left": 0,
   "top": 0,
   "width": 1024,
   "height": 768
  }
 }
}

JSON 形式なので、PHP でデータを扱う場合は、以下のように JSONデコードしてやる。

$data = json_decode( $json, true );

また、スクリーンショットのデータは、 / _ に、 + に置き換えられているため、これを戻してやる必要がある。

$screenshot = $data['screenshot']['data'];
$screenshot = str_replace( '_', '/', $screenshot );
$screenshot = str_replace( '-', '+', $screenshot );
$img = base64_decode( $screenshot );

これで、変数 $img には jpeg 形式の画像(バイナリ)が格納されるので、file_put_contents 等(WordPress なら WP_Filesystem の使用を推奨)で保存してやれば良い。

file_put_contents( 'screenshot.jpg', $img );

実際に取得したスクリーンショットのサンプル

上記の方法で、以下のようなスクリーンショットが取れる。

Yahoo! Japan のデスクトップ表示

Yahoo! Japan のデスクトップのスクリーンショット

Yahoo! Japan のモバイル表示

Yahoo! Japan のモバイルのスクリーンショット

参考ページ

IT・ICT

Posted by るな