游ゴシックで、何故、こんなにも文字がかすれるのか

游イメージ

Windows8.1 から Windows の標準フォントになった「游」

最新型のディスプレイなら、まぁ、読めるんだけど・・・

古めのディスプレイだと、どんなに頑張って調整しても、文字がかすれて読みにくい。。。

Windows 10 でも、相当見えにくいのだが、Windows 8.1 だと、さらに酷いらしい。
(おいら、Windows 8.1 は使ったことない)

CSS の font-family で

body {
	font-family: "游ゴシック", YuGothic;
} 

と指定した場合 ↓

游ゴシック

body {
	font-family: "メイリオ", Meiryo;
} 

と指定した場合 ↓

メイリオ

游ゴシックは、とにかく細くてかすれる。

例えば、

font-weight:normal; /* つまり、デフォルト */

なら、当然、下記の 400 – Normal が選ばれる。
(Windows 8.1 だとバグってて、さらに細い 300 – Light が選ばれるらしい)

  • 100 – Thin
  • 200 – Extra Light (Ultra Light)
  • 300 – Light
  • 400 – Normal
  • 500 – Medium
  • 600 – Semi Bold (Demi Bold)
  • 700 – Bold
  • 800 – Extra Bold (Ultra Bold)
  • 900 – Black (Heavy)

なので、CSS で

body {
	font-family: "游ゴシック", YuGothic;
	font-weight:500;
} 

と指定してやれば、Bold ではないけど、少し太くできる ↓

游ゴシック Medium

うむ。多少はよくなった。

でも、Windows 8.1 だと標準では、Medium がインストールされてないんだって・・・

ダメじゃんw

ということは、

body {
	font-family: "游ゴシック", YuGothic;
	font-weight:400;
	font-weight:500;
} 

としてやれば、Medium があれば、Medium。なければ、Normal ってことになるけど、意味あるかな?

「游」の利点は Windows と Mac で同じ書体にできることだけど。
「メイリオ」と「ヒラギノ」が優秀だからなー。

ちなみに、おいらが一番見やすいと感じてるのは、「MS P ゴシック」ですw

まぁ、誰でも見やすく を目指すなら

font-family: sans-serif;

これが最強だと思う。

Wikipedia とかだと、この指定になってる(Google は何故か Arial)。

つまり、見てる人にお任せの指定。

普段、見慣れてるフォントが一番見やすいからねー。

参考サイト

IT・ICT

Posted by るな