Gutenberg と Classic Editor の人気に格差がある・・・

Gutenberg と Classic Editor

Gutenberg は WordPress 5.0 から標準搭載された、いわゆる「ブロックエディタ」。

Classic Editor は WordPress 5.0 で廃止された旧エディタを使えるようにするプラグイン。

WordPress 5.0 がリリースされる以前は、Gutenberg はプラグインとして配布されていて、WordPress 管理画面のダッシュボードで「次のバージョンで標準エディタにする予定だから、ぜひ使ってみてね!」みたいな?感じで宣伝していた代物。。。

スポンサーリンク

で、本日(2018/12/09 16:30)時点でのそれぞれの評価値が ↓ こんな感じ。

Gutenberg

Gutenberg の評価

Classic Editor

Classic Editor

Gutenberg は評価値が非常に低い。

管理画面のダッシュボードで紹介して数日後、ダウンロード数と有効インストール数が一気に増えたが、有効インストール数はどんどん減っていった。

つまり、ダウンロードして有効化したけど、すぐに無効化しちゃった人がたくさんいたってこと。

Classic Editor プラグインは今年の7月ごろから公開されていたのだが、WordPress 5 のベータ版が配布された 10月末に一気にダウンロード数を伸ばし、さらに WordPress 5 正式版が配布された今月はドバっとダウンロード数が増えた。有効インストール数は今後の経過を見ないと分かんない。

Gutenberg は評価は低いが、素晴らしいエディタであることは間違いない。

が、問題点は多々ある。

一番の問題点は「使いこなせれば」素晴らしいという点。

逆の言い方をすれば「使いこなせなければ」クソエディタ

※ 余談
個人的には CSS の大きさも気になってる。特に AMP は CSS の容量制限があるので全く対応できない。ただし、むしろ AMP の方がクソサービスだと思ってるので「早く5G 回線普及して AMP 死ね」と思ってるw

WordPress をある程度使ってる人なら1~2日使い続ければ、その凄さがわかる。

だが、初心者。特に他のブログサービスから移行してきた人にとっては、全く分からんと思う。

管理画面のダッシュボードで Gutenberg 紹介していたのは、従来のユーザーに慣れてもらおうという意図があったと思うが、

これから WordPress を使おうと思ってる人はどーすんだよ?

って話だよね。

下手すりゃ「WordPress やめて Joomla! にしよ」って人も出てきちゃうんじゃないっすか?

WordPress

Posted by るな