Luxeritas 3.5.5 リリース

Luxeritas 3.5.5

Luxeritas 3.5.5 をリリースしました。

WordPress 5 用の高速化設定の追加と、その他の対応が主です。

詳しい改訂内容は開発者ブログの記事にて。

スポンサーリンク

改訂履歴

WordPress 5 用の機能追加

  1. WordPress 5 で読み込まれるブロックライブラリ用 CSS をインラインで HTML に直接出力できるようにするか、もしくは読み込まないようにできる機能追加 (高速化)

WordPress 5 対応

  1. Gutenberg で classic ブロックが 2 つ以上あると、ブログカードの挿入ができないので、その対応
  2. Gutenberg 用 CSS に対するブラウザキャッシュ対策を入れた (キャッシュが強くて、変更が反映されないから)
  3. Gutenberg で見た際にコンテンツ幅を自動計算で(ほぼ)実際のブログコンテンツと同じ幅になるようにした(実際には数 px 広め)
  4. Gutenberg で記事をブロック変換した際、画像ブロック下の隙間がやたら狭いので、変換前と同じ隙間になるようにしてみた(たぶん)

デザイン変更

  1. blockquote タグのデザインを bootstrap のデフォルトデザインからガッツリ変えてみた。

不具合修正

  1. グローバルナビのモバイルメニュー設定で「一度に全開閉」を選択した場合にサブメニューが表示されなくなってたので修正 (ver3.5.0 でのレベルダウン)
  2. WordPress の oEmbed で iframe が埋め込まれてる AMP ページの場合「sandbox が 2 つある」旨の警告 (エラーにはならない) が出る場合があるので、警告を出さないようにした。
  3. 動画ウィジェットに外部動画を埋め込んでる状態で Lazyload 有効化すると、カスタマイズプレビュー画面の一番下に、メタ情報の「フォーマットだけ」が、ちょこんと表示されるらしいので見えないようにした。